カップル

結婚指輪に本物の愛を込めて彼女に届けよう

カップル

2人の愛の証

婚約指輪を選ぶときには、お互いの意見を述べ、尊重し合いながら探すことで、最良の指輪にたどり着くことができます。昔も今も男性からの愛の証としてプレゼントするという根本的な概念には変わりはありませんので、気持ちを込めて渡すようにしましょう。

購入時期のコツと注意

男女

購入時期とこだわり

結婚指輪はとりあえず結婚までに購入すれば良いのでは、と思われる方もいらっしゃいますが、多くのカップルが3〜6ヶ月ほど前から購入の準備を始めることが多いです。そもそも検討に時間がかかる場合もありますし、セミオーダーやオーダーの場合は更に時間がかかります。既製品を購入する場合でもサイズの調整やメッセージの刻印などこだわるポイントが多いほど時間を要するものです。結婚式が近くなると内容の決定や打ち合わせなど、なかなかゆっくりと結婚指輪をみて回る日が取れなくなってしまいます。一生に一度の結婚指輪を慌てて決めるのは気がすすまないものです。そういった理由から6ヶ月前程度が人気で、中には1年前から準備する方もいらっしゃるそうです。

式までに時間が空くときは

そうはいっても入籍したらつけるのが結婚指輪です。中には入籍を先にして、結婚式までに時間があるというお二人もいらっしゃいます。そんなときは挙式を待たず、入籍から結婚指輪をする方がほとんどです。結婚式で指輪の交換がある場合、できるだけ綺麗な指輪を交換したいと思うもの。入籍以降既に指輪を身につけている場合は購入店でクリーニングに出すのがオススメです。直前にクリーニングをすることで新品同様の指輪で挙式に望むことができます。クリーニングの内容や有料・無料などの条件はブランドにいって異なりますので、挙式前にクリーニングを行う可能性のある場合は購入時に確認し、アフターサービスが充実したブランドでの購入がオススメです。

男の人と女の人

2人で指輪を選ぼう

結婚指輪のデザインは安易に選ばず、今後のライフスタイルを考えた長い視点で選ぶ必要があります。2人の希望を叶えるためにも、大阪で結婚指輪を探すときは座ってじっくり相談できるサロンタイプのお店を選ぶと良いでしょう。

指輪

組み合わせは無限大

婚約指輪は宝石とリングの組み合わせで構成されますが、自分独自の色を出したいならオーダー品が良いかもしれません。名古屋は全国的に見て老舗も多く、メンテナンスや手直しもありますので、長く付き合っていけるお店が良いでしょう。